catch-img

誰にもいえない【痔】のお悩み…それは、腸内フローラの悪化が原因です!!


男性だけではなく、女性にも多い「痔」。平成26年の患者数は約13500人。通院されてない「隠れ痔」患者数をいれるともっと多いかと思われます。 実は、「痔」になる原因とは、腸内フローラの悪化です。 何をやっても治らない・30年間「痔」でお悩みの方が、腸内環境の改善を心がけた美腸活をはじめたら、すぐに「痔」が完治されました。痔についてまとめました。




1.痔とは


肛門と肛門周辺の病気の総称です。痔はおしりの生活習慣病といわれ、日本人の3人に1人は痔に悩んだことがあるといわれるほど、身近な病気の一つです。


女性に多いのは、痔核や裂肛ですが、肛門周辺のかゆみの主な原因はおしりの洗いすぎ、ふきすぎ、温水洗浄便座の使いすぎなどですが、痔核や裂肛が原因の場合もあります。


実は、軽度の痔核は誰もが持っています。肛門は肛門括約筋の力で閉じていますが、それだけでは隙間ができてしまいます。その隙間を埋める役割をするのが小さな痔核。この部分が必要以上に大きくなり、脱出や出血などが起きると治療が必要になります。


女性は、ホルモンの影響で便秘や下痢になったり、妊娠・出産などで痔を引き起こすこともあります。




痔になりやすいのはこんな人

  • 便秘しやすく、便が硬い
  • トイレで長時間頑張ってしまいがち
  • 下痢しやすい
  • 下半身が冷えやすい
  • 座りっぱなし、立ちっぱなしで過ごすことが多い
  • 妊娠・出産を経験している
  • アルコールを飲むことが多い


2.痔の種類


痔核 (じかく)

全体の60%。最も多く、男女とも患者の半分以上をしめます。肛門に強い負担がかかることで、肛門を閉じる役割をするクッション部分が腫れます。 直腸側のクッションが大きくなった内痔核と、肛門部分のクッションが大きくなった外痔核があります。 普通、痔核というと内痔核をさします。


●原因

いきみの繰り返し、便秘、激しい下痢、重い物をもったときなどに肛門に負担がかかり、クッション部分が大きくなるために起こります。痔核が大きくなると肛門から脱出するようになります。


●症状

排便したときに血が出る、便が残っている感じがする、肛門から痔核が外へ出ているなど。



痔瘻 (じろう)

全体の10%。下痢の多い人がなりやすく、男性に多くみられます。まず肛門周囲腫瘍ができてから痔瘻へと進んでいきます。


●原因

直腸粘膜と肛門上皮の境目のくぼみから大腸菌などが入り込んで、肛門周囲に炎症を引き起こし、腫瘍になります。(肛門周囲腫瘍)これが自然に破れるか、切開することにより、膿が排泄されます。そのまま治る場合もありますが、約半数の人は、膿の管(瘻管ろうかん)が残った状態になります。これを痔瘻といいます。


●症状

肛門周囲腫瘍の場合、38~39℃の発熱、激しい痛み、腫れがみられます。痔瘻は、膿が出て下着が汚れます。膿の出口がふさがり、再び膿がたまると、肛門周囲腫瘍と同様の症状になります。



裂肛(れっこう)

全体の15%。20~49代の女性多い痔です。いわゆる「切れ痔」のこと。

●原因

硬い便や下痢便が勢いよく通過することにより、肛門上皮に傷がついた状態。


●症状

出血は少量ですが、痛覚がある肛門上皮が切れてしまうため、排便時や排便後に痛みを伴います。裂肛を慢性的に繰り返したり放置すると傷が深くなり、肛門潰瘍や肛門狭窄をきたします。



3.おしりに優しい生活習慣


痔の種類や程度によって治療法はさまざまですが、食習慣、生活習慣の見直し、排便を整えることが基本となります。 いったん治っても、痔は繰り返しやすい病気なので、便秘や下痢、下半身の血行不良が気になる人は、美腸活づくりを前提とした生活習慣全般の見直しをしましょう。


●排便は長くても3分以内にする

●便意を感じたときに排便する。

●朝食をしっかり食べて、腸の蠕動運動のスイッチオンにする

●食物繊維をしっかりとる

●アルコール類、香辛料などの刺激物は控えめにする

●1日1.5ℓの水分をこまめに補給する

●シャワーですまさず、ゆっくりと入浴する

●適度な運動をして、腸の動きを活発にする










田和璃佳<インナーケアラボ主宰者>

田和璃佳<インナーケアラボ主宰者>

美腸カウンセラー/美腸をつくるたった2つの習慣で、ヤセ菌アップ!痩せやすい体を手に入れるoriginal【美腸Methods】を展開中! Instagram≪ricca_tawa≫ ・Youtube≪田和璃佳≫

みんなが知らない【本当の腸活】特別冊子プレゼント!

スペシャルインタビュー「おなかと土壌菌のお話」

今、話題の腸内フローラ! 腸と健康の研究における第一人者:藤田絋一郎(東京医科歯科大学名誉教授)先生とインナーケアラボ編集長:田和璃佳(株式会社フェイス・ジャパン代表)との初の【腸活×菌活 対談】をまとめた非売オリジナル冊子です!
美腸をつくるたった
“2つの習慣”とは?

人気記事ランキング


ABOUT US